本文へスキップ

セント・ルカ産婦人科では不妊治療と一般婦人科疾患(お産以外の女性疾患)の診療を行っています。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.097-547-1234

〒870-0823 大分県大分市東大道1-4-5
大分駅上野の森口より徒歩2分

リクルート特集Recruit Special Issue

Interview 受付・Aのますます勉強中!!「生殖医療相談士になるということ」 セント・ルカ産婦人科が目指しているのは、不妊治療に特化した資格を持つスタッフを全部署に配置して患者さんへ'真のチーム医療'を提供すること。資格取得に向けての支援、勉強会等を積極的に行っています。知識を得ること、
それを日々の仕事に生かすことの楽しさを、あなたにも知ってもらいたい。 ここでは、入職3年目で今まさに生殖医療相談士の資格取得を目指して勉強中の受付スタッフをご紹介します。(2018年1月現在)で取得した看護師・Tの資格取得までの道のりとともに、看護部の仕事を紹介します。'チーム医療'まで語ります。
  • Q.資格を取ろうと思ったきっかけは?A.生殖医療の現場に携わる以上必要だと思ったから

    「日本生殖心理学会認定生殖医療相談士」の資格取得を目指して勉強中です。この資格は入職前から知っていて、機会があれば取りたい、学べる場があれば行きたい、と思っていました。入職して3年が経ち、看護師長に「頑張ってみたら」と勧められたので、挑戦することにしました。
     私は受付勤務なので、患者さんとは電話対応から外来受付、お会計まで、院内での最初と最後に必ず接します。日々、患者さんと接しているなかで、生殖医療の知識や個々の患者さんのケースなど、何も知らなくて対応するのではなく、受付でも不妊治療をされている患者さんの気持ちを知って対応するのとではまったく違うのではないかと思いようになったというのもきっかけの一つです。
     受験資格を得る条件は、毎月1回、学会が開講している養成講座を受講して終了認定をもらうこと。合格を目指して、不妊治療の一般的な知識から患者さんへの対応の仕方などを深くじっくりと学びます。

  • Q.勉強を始めてからの   
変化は?A.患者さんと最初に接する立場としての責任を知りました

     不妊治療中の患者さんは精神的にも肉体的にも辛く、大小問わず悩みを抱えています。ある時、過去に流産経験のある患者さんから「出血した」と電話で連絡を受けました。その際にも最初に対応するのは受付です。
     着床後の出血ですから、患者さんにとっては不安しかないというような状況です。だからこそ、最初にかける言葉は決して事務的にならず、「大丈夫ですか」と声かける。ゆっくり柔らかい口調で対応することを心がけ、たとえ事務的な役割の受付でも相手を思い、寄り添い、理解することで、少しでも不安を取り除くことができるはずだと、患者さんの立場を重んじながら接するようになったことが、大きな変化です。

  • Q.資格をどう生かして
いくの?A.未知数の未来を楽しみにプロフェッショナルを目指したい

     患者さん一人ひとりの背景を知り、寄り添う気持ちで接するようになってから、患者さんに「ありがとう」と言われる回数も増えました。患者さんから の反応が目に見えて以前とは違うことを実感できたので、まずは日々の対応や配慮の仕方を自分なりに考えていきたいと思っています。私自身、自分に何ができるのかは未知数です。だからこそ、想像ではなく実践を積むなかでやるべきことやできることを見つけていきたいと思っています。
     セント・ルカでは、働いているスタッフ一人ひとりがレベルアップのための取り組みをしています。そんな先輩たちの姿勢に刺激を受け、受付の私もプロフェッショナルなチームの一員になりたいという思いが日々募ります。資格を取得し、さらに自分自身を成長させることで、今まで以上に力強いチーム医療を患者さんに提供できるように頑張りたいです。

受付青木 桜(2014年12月入職)
・目標の資格認定:日本生殖心理学会認定生殖医療相談士
・受講期間:2017年5月〜12月
「得た知識をすぐに実践で役立てることができる環境に感謝しつつ、試験合格を目指して日々頑張っています」


セント・ルカ産婦人科セント・ルカ産婦人科

〒870-0823
大分県大分市東大道1-4-5
TEL:097-547-1234
FAX:097-547-1221
メール:st-luke@oct-net.ne.jp